資格を持っていれば色々な内容をチェックしながら、理想的なプランを練っていくことができます。ファイナンシャルプランナーは保険見直しでも同様に現状を把握しながら、ライフプランに合わせて決めていくことができます。

そんなファイナンシャルプランナーは独立して仕事をしている人と、保険会社などで仕事をしている人がいます。そのため保険会社で仕事をしているファイナンシャルプランナーだと、自社の金融商品などを中心に見ることも多くなってしまいます。独立をしているファイナンシャルプランナーというのは、相談料や保険などに関して仲介手数料で収入を立てていることも気をつけなければなりません。医療保険になると仲介手数料が4万円から5万円程度になります。相談料も加算していくので、申し入れをする場合は注意しなければなりません。

一回保険見直しをファイナンシャルプランナーへ申し入れを行うと、独立している時には長い付き合いになることがあります。5年や10年といった長い期間での付き合いとなりますが、この中で家族の変遷や仕事状況なども少しずつ変わります。ファイナンシャルプランナーと見極めていきながら、理想的なプランを決めていくようにしなければなりません。